ハンズフリーでのハイドレーションシステムを考案した最初のメーカーです。マウンテンバイクやオフロードバイクで愛用され、今ではアスリートからミリタリー用まで様々な分野で活躍しています。

ハイドレーションバックの定番『ハイドロバック』。シンプルなシステムとリーズナブルな価格設定でハイドレーション機能のみ欲しい方に最適です。 【1.5Lパック】

MC GEAR価格 \8,424(税込み)

長時間のハードなライディングで大量の水分を携行したい場合に一番適している定番的ハイドレーションバックです。 【2.5Lパック】

MC GEAR価格 \9,504(税込み) 


キャメルバックには、ホースの形を保つ事で好きな位置に固定でき、素早い補給を可能にする『チューブディレクター』やバックをしっかりと身体に密着させる『スターナムストラップ』などの機能強化パーツが揃っています。

■チューブディレクター ■バイトバルブ ■エルゴハイドロロック
\4,320(税込み) \864(税込み) \1,080(税込み)

■アンチドートリザーバー ■クイックリンクコンバージョンキット ■ピュアフローチューブ
1.5L:\4,644(税込み)
2.0L:\5,076(税込み)
\2,376(税込み) \1,296(税込み)

■ブラシセット
オメガリザーバー
\1,728(税込み)

■ハイドレーション
人間の身体の60%は水分で出来ています。普段の生活でも呼気や汗、排泄物などで水分は排出されていきますが、運動時には気化熱を利用して体温を一定に保つために汗をかきます。そのため通常よりも多く水分を排出することになります。それを補わないと体力や思考力の低下を招くばかりか最悪生命の危険さえあるのです。通常水分全体の7〜8%の水分が失われると熱中症になるといわれています。

そのような状態に陥らないために運動時には適度な水分補給が必要です。しかし多く採っても腸での吸収量は決まっているので少量をこまめに採ることが脱水症状を招かない秘訣です。

キャメルバックは手軽に水分を補給できるために脱水症状になりにくくなるという利点があります。口元に飲み口があれば億劫がらずに補給が出来るからです。また重量物を身体から離れた場所で携行するよりは背中に密着させた方が重量を体感しづらいという利点もあります。

このように熱中症は水分の不足から起きるために季節を問わず起きる可能性があります。また汗による体温調節は気化熱を利用しているために湿気の多い日は涼しくとも熱中症になる危険をはらんでいます。ご注意下さい。


■キャメルバックが選ばれるわけ

いつでもどこでも水分補給が出来るようにリザーバーに工夫が施されています。